一攫千金を探し求めて② | 一攫千金.com

一攫千金を探し求めて②

一攫千金を狙いたいにも関わらず
どうしても博打性の高いものに手を出せない
私のスロプロ時代の悪い癖。

それは、

『勝てる見込みがないものには一切手を出せない。』

ということです。

具体的な数値で言えば
どうしてもペイアウト率などを気にしてしまうんですよね。

すべてのギャンブルは胴元が勝つように仕組まれています。

当たり前ですよね。
慈善事業ではないのですから。

宝くじなんかはペイアウト率50%を切ります。

つまり、1万円買っても5000円も返ってこないということ。

胴元は売れば売るほど儲かる仕組みです。

だから1等1億円というエサで一般人を釣るわけです。

確かに一攫千金は狙えます
しかし完全に運任せです。

勝てる見込みは薄いです。
一生買い続けても当たる可能性は低い。

スロットなどと違って
優位性の高い時だけ勝負するということができない以上、
手は出せませんでした。

都合のいい理屈の様に聞こえますが
一生宝くじを買い続けるよりももっと一攫千金を狙える確率が
もっと高いもので勝負したかったんです。

パチンコ・スロットはペイアウト率80%くらいありますからね。

ある程度適当に打っても素人が勝てるのは
ペイアウト率の高さが1つの要因でしょう。

でも店側との勝負の前に
国が決めたもの(博打性の高い台を規制したりする)には
逆らえませんので少し不安定な収入源にはなりますね。

ところが最近ペイアウト率97%の
最強のギャンブルを見つけてしまったんです。

胴元の儲けは3%です。

つまりこちらにも勝算がかなりある。

さらに大きな金額も狙えるという夢のようなギャンブル。

一攫千金を狙うならこれだ!!

と、すぐさま直感しました。

それが・・・・

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです^^

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 一攫千金.com

この記事へのコメント

一攫千金.com TOP » 一攫千金を探し求めて » 一攫千金を探し求めて②

クリック証券FX